塩で開運その2


三里あれんです

 

塩と開運その1の続きです。

塩の勉強を基礎から始めて思ったこと。(お守りこすめ、という塩を使った無添加和コスメの立ち上げに伴い徹底的に勉強してますよー)

塩って素晴らしい!!!

という一語にすぎます。

そして、塩は無限の可能性を広げてくれるアイテムでもあります。

さて、今日は基礎知識の2回目です。

塩の特性について勉強していきましょう。

これらがあやふやだと、いけません。

開運も基礎から、が基本です。

塩の特性

★融点  800℃
この温度を超えると液体になります。
なので、岩塩ランプなどを燃やしても、液体にならないのはそのためです。
ちなみに、岩塩ランプの下が白っぽく塩が溶けてしまうのは温度ではなく、湿度のためです。後日またお話しますね

★沸点 1400℃
液体から気体に変わる温度です。もはや日常生活では出しようのない温度です(笑

★氷点 -21・3℃
飽和塩水はこの温度まで凍結しません。そのため、雪国などで塩を道路にまいて凍結を防止したりなどにも使われます。  

知ればなるほど!ですよね。

次回は塩と湿気についてフォーカスします。

 

只今、最新開運コラムはメルマガで週1で配信中!下矢印

毎週開運&浄化コラムが届く無料メルマガはこちらから

(ただいま、スマホ用浄化護符もプレゼント中!)