日本人に5人に1人!共感力とスピリチュアル能力に優れたエンパス体質とは

Sponsords Link


エンパス体質とは?

 

エンパス体質は、エンパシー(共感能力者 empathy)とも言われ、アメリカのローズ・ローズトゥリー女史によって提唱されました。

英語では、empath と書きますが、辞書で調べると、

一般に周囲の人の感情を鋭敏に感じ取る人。SF小説などの限定的な用法では、他人の思考を読み取るテレパス(telepath)に対し、他人の感情を読み取る超能力者

という記載があります。

エンパス体質は、意識レベルや身体的、また目には見えないスピリチュアルな点において、一般の人よりも敏感なため、より多くのことに気づく敏感資質、です。

直感力・共感力が極めて高く、相手との境界線が極めて薄いため感情移入や、相手の感覚が手に取るように分かります。(脳でいうところの、上前頭回の領域)

資質のため、性格とは異なり、直すというものではなく、活かす・活用することでその能力を発揮することができます。

私が2016年6月に実施したエンパス体質のためのアンケート調査をまとめたところ、簡単にエンパス体質の方の特徴をまとめてみました。

■スピリチュアルなことに興味がある

■エネルギーが重い場所や、エネルギーが重い人に会うとすぐに分かる

■相手が何を考えているのか分かってしまう

■相手の気持ちに敏感。気を使いすぎる。

■音に敏感

■人混みに行ったり、大勢の人がいる場所に行くと具合が悪くなる(調子が悪くなる)

■オーラなどが見える/分かる/感じる

詳しくはこちらのエンパス体質診断をご覧ください。

具体的なエンパス体質の特徴

エンパス体質は、波動や見えないものを感じ取る力が敏感なため、相手に同調し波動共鳴を起こしやすく、いらないものをもらってしまったり(邪気や霊など)、感情が共鳴したり(わけもなくイライラ・・・。悲しいなど)突然体調がおかしくなったり(頭痛、腰痛、肩こり、耳鳴り、首痛など)します。

見えないエネルギーによって相手の波動と同調してしまうことで自分の波動が乱れ、周波数が乱れ気分や、体調まで悪くなってしまうこともあります。(そうと気付かない場合も多数あるようです)

日本人は特に多い体質と言われ、優しく、相手の気持ちを考える方共感しやすい方や、言いたいことが言えないタイプに多く見られます。

体質的には虚弱体質と間違われやすいのですが、2016年6月に実施したエンパス体質のためのアンケート調査によると、一概にはそのようには言えない側面があるようです。

詳しくは、病気と症状のカテゴリー,アンケート調査結果解析で説明しております。

 

エンパス体質は、HSPの一種+シャーマン的要素を持ち合わせる

アメリカのエレイン・アーロン博士が発表した

Highly Sensitive Person=HSP=敏感過ぎる人 

という敏感資質があります。

エンパス体質も、そのHSPの様子を持ち合わせ、そこにシャーマン的な要素が加わるため、エンパス体質は特殊なグループに入るといえるでしょう。

・敏感であること

そして

・スピリチュアル能力、シャーマン的能力

この2つがあるために、普段自分が敏感なのか?スピリチュアル能力を使っているのか?分かりにくく、多くのエンパシーを悩ませています。

そもそもなぜエンパス体質は人の影響を受けやすく、共感しやすいのでしょうか?

エンパス体質は、人や物などの境界線が非常に薄いと言われます。

境界線、保護膜・プロテクトシートが薄いと考えると分かりやすいかと思います。

そのシートが薄いと、人と接すると、ダメージを受けやすいのです。

HSPに関する書籍「敏感過ぎて困っち得る自分の対処法」(苑田純子著 きこ書房)の中でこのようにかかれています。

世の中には、脳の働きの違いから、精神的境界性が薄いタイプと厚いタイプが存在します。
膜が薄い人は、自分と人の区別があいまいなので、人の気持ちがよく分かるのですが、あまりにも
共感力が高いと人の身体的問題の影響まで受けてしまうことがあります。

研究データでも、共感性が高い人ほど他者の感情や体調に同調しやすいと報告されています。

とあります。

HSPについては、こちらのエンパス体質とHSPの違いを参照ください。

エンパス体質とスピリチュアルの関係

上記で述べたように、エンパス体質はHSPの敏感資質に加えて、スピリチュアル能力が高い点があげられます。

スピリチュアル能力とは何か?ですが、、アメリカのローズ・ローズトゥリー女史は、下記6つに分類しています。
(エンパシー 共感力のスイッチをオン/オフにしよう より)

複数の能力を複合的に持っているエンパシーも多いと言われています。

【身体直感型】
主に、人の身体に起きていることを知覚し広く他人に対しても外から分かってしまう能力。

【身体ワンネス型】
身体直感型は外から知覚しますが、ワンネスはそれを自分の身体の中で同じように体験する能力

【感情直感型】
声の調子や話すスピード、ふとしたしぐさや目の動きで、その人の感情が瞬時に分かる能力

【感情ワンネス型】
感情直感型は外からの知覚ですが、感情ワンネスは身体ワンネスと同じように自分の内側で同じように体験する能力

【知的変容型】
知的変容型は、人の思考の構造を自分のもののように体験する能力

【霊的一体型】
スピリチュアル・ワンネス(霊的一体化)は、人の内面をそのまま体験できる能力

【動物エンパシー】
動物と魂レベルで会話することが出来るだけでなく、人間の感覚を超えた好物の知性を感じることが出来る能力

【メディカル・エンパシー】
身体レベルで人と結合し、その上で相手を自ら体験し診断する能力

【ガーデニング・エンパシー】
植物と一体化できる能力

【クリスタル・エンパシー】
鉱物の世界を共感することの出来る能力

【その他特殊なエンパシー】
分子エンパシー・エレメンタルエンパシー・環境エンパシーなど

私自身もエンパス体質ですが、エンパス体質には複合型の能力を持っている方がほとんどです。

感情が聞こえたり、同調したり、体に触れると相手の気持ちが分かるなど。

ちなみに、私は感情が聞こえてきたり、あとは相手の気持ちが読み解けたりなどもあります。

オーラなども優しいとか悲しいなど、感情も読み解くことが出来ます。

まずはご自身が持っている能力に気付き、それを上手く活かしていくことで毎日を大変生きやすくすることができます。

2016年6月に実施したエンパス体質のためのアンケート調査の結果から私なりに更に簡単で分かりやすい区分をさせて頂きました。

□視覚型スピリチュアルタイプ

□聴覚型スピリチュアルタイプ

□第六感型(直感)スピリチュアルタイプ

□混合型スピリチュアルタイプ

詳細は、エンパス体質診断にて解説させて頂いております。

エンパス体質と日本人

アメリカでは20人に1人と言われているエンパシーですが、日本では5人に1人と言われています。

統計的な根拠は調べられませんでしたが、2016年6月に実施したエンパス体質のためのアンケート調査(有効回答数253)の結果を見るからに、253名中エンパス体質だと断定できる方は15%でした。

enmasth

また、アンケート集計より、HSPだと思われる方は全体の33%となっており、3人に1人がHSPであることになります。

 

下記が簡易的なエンパス体質診断となります。(全て「はい」だとエンパス体質傾向がかなり高いです)

■スピリチュアルなことに興味がある

■エネルギーが重い場所や、エネルギーが重い人に会うとすぐに分かる

■相手が何を考えているのか分かってしまう

■相手の気持ちに敏感。気を使いすぎる。

■一度に複数のことをやろうとするとパニックになる。イライラする

■人混みに行ったり、大勢の人がいる場所に行くと具合が悪くなる(調子が悪くなる)

■オーラなどが見える/感じる

日本人は、空気を読める、協調性が高いその気質から世界的に見てもエンパシーが多い民族だと予測されます。

エンパス体質は対策が必要

このエンパス体質ですが、

当事者でないと分からないのですが

意外としんどい

のです。

特に、不特定多数の人がいる満員電車とか、人混みとかはいろいろなものが知らずに情報として入ってきて制御が出来くなることもあります。

吐き気、めまい、頭痛、胃もたれ、腰痛、肩こりなどが瞬発的に起こったりもします。

私は圧倒的に吐き気と頭痛です。

そんなエンパス体質から自分を守るために、そういった外部情報から自分をクリアにするためのお浄め商品の開発をし(浄化コスメ「お守りこすめ」として上市)、そして、エンパススイッチのオンとオフができるようになるための訓練などもしています。 

というわけで、このエンパス体質の方は毎日自分をクリアにする浄化と、スイッチのオン・オフは必須です。

本サイトではエンパス体質診断や対策法はもとより、エンパス体質の適職や、恋愛・結婚などについても掘り下げて参ります。

 

一人での多くのエンパス体質の方が、毎日を楽しく過ごせますように。

Sponsords Link