引き寄せ手帳 書き方

手帳で引き寄せ?!どんどん上手くいく・願いが叶う手帳の選び方・書き方

Sponsords Link


もうすぐ2017年!ということもあり、どんな手帳を使っていますか?というご質問を頂きました。

手帳も今までいろいろと使い分けてきたのですが、その結果をまとめてみたいと思います。

手帳の選び方

毎年、10月を過ぎると翌年のカレンダーや手帳を買い替える方も多いと思います。

ビジネスユーザー向けの手帳や、起業家向けの手帳、女性向けの手帳などたくさんの種類があります。

調べてみたら、「引き寄せ手帳」 という手帳もたくさんの種類が販売されているようです。

特徴としては、

願い事を書く欄がある

ということでしょうか?

自分で叶えたいことを書いていくということですね。

これは新月の願いに似たところがあります。

願望を叶えたいというワクワクする、楽しい波動と共鳴することで願いを叶えていく、ということでしょうか?

どれを選んだらいいか、迷ってしまいますね。

実際の選び方としては、

・現在の自分のニーズ(仕事でメインに使うのか?プライベート用なのか?など)

・持ち運びの際の利便性

・色、形、サイズ

・リフィルの使いやすさ(中身の使いやすさ)

をポイントとしてしぼったらいいかなと思います。

現在、私が使っているのは、かれこれ6年くらい変えていないのですが、私の生涯のラッキーカラーでもあるゴールドのミニサイズの手帳です。(2017年は仕事運を上げるのにゴールドは特にオススメ)

以前は、ビジネスマン向けのものや、キャリア女性向けのを使っていましたが必要ないのでやめました。

現在は革の手帳のため、中身のリフィルを変えるだけで毎年使っています。

個人的には、革など天然素材のものを末永く使うのをおすすめしています。

そして、リフィルだけは実用性重視で選ぶこと、でしょうか?

個人的には、六十干支と月の満ち欠けが書いてあるとパーフェクトなんですが(笑)
なかなか両方書いてあるのはないため、月の満ち欠けが書いてあるものを必ず選んでいます。

これは、月の満ち欠けが分かることで、その前後のすべき行動が一目で分かるようにするため、です。

書いていなくてもご自身で書き込めばいいかと思います。

また、来年は2017年ですが、3年先の予定まで分かるようにカレンダーを入れています。
(今、見たら2020年まで分かる仕様でした)

先の見通しがつきやすく、未来を描きやすくなるため、です。

手帳を買い替えるタイミング

手帳は1月始まりのものと、4月はじまりのものとが販売されているので、これもご自身のタイミングでいいかと思います。

オススメはやはり新しい年のエネルギーが切り替わるタイミングの10月に、翌年のものを準備していくこと、です。

手帳の色やサイズ

毎年のカラーが違うためそれに合わせて購入されるという手もありますが、ご自身の生涯のラッキーカラーを選ぶのもおすすめです。

サイズに関しては、好みがあるのであれなのですが、私の周りの成功されている社長様を10名ほど観察した結果、いわゆるA6サイズ(文庫本サイズ)の方が一番多かったです(10名中6名)

中には、グーグルでスケジュール管理されているという方もおり、併用されている方も多いようでした。

手帳の書き方

私の場合は、実は2段階で書いているのですが、手帳には簡素にその日の予定のみを書き、別途メモ帳に細かく何をいつまでにやるのかを具体的に書いています。

そうすることで毎日タスク管理をしています。

手帳の中でそれを行うととても見栄えが悪くなるので、2つにわけることにしました。

また、パワースポットに行く日などは、星の流れや月の満ち欠けを見ながら数か月先まで決めておきます。

不思議なことに、これを始めたらそのパワースポットに合わせるがごとく、物事が決まったり、動いたりしていくので不思議です。

これは、いつにそこに行くということを決めることで、決めた時点でエネルギーが流れて動き始めているから、と考えられます。

そのため、未来日記ではないのですが、自分の行きたい場所ややりたいことなどはなるべく早めに書き入れるといいでしょう。

最後に

手帳も毎日使うと汚れます。定期的に拭いて表紙はきれいな状態を保つようにしましょう。

間違っても、レシートなど不要なものは入れないようにしてください。

Sponsords Link