こんな場所は要注意!エンパス体質におすすめの場所別・浄化対策法

Sponsords Link


エンパス体質が気をつけるべき場所とは

 

気をつけるべき場所は、マイナスの気を受けやすい場所ということになります。

具体的には

繁華街

満員電車

花火大会

イベントやセミナー会場など人がたくさん集まる場所

競馬場やパチンコ店(男性の陽のエネルギーが強すぎます)

病院

警察

弁護士事務所

お寺・神社

占いの館

など。

繁華街は、東京都内ですと、渋谷のセンター街、新宿の東口など。長時間いると気分が悪くなります。
花火大会は、花火はいいですが、人混みに注意。

競馬場やパチンコ店は、男性の陽のエネルギーが強すぎるため影響が出ます。

病院、警察、弁護士事務所などは、何かトラブルや病気になった人が行く場所のため対策が必要。働いている方は更に対策が必要です。

お寺や神社もパワースポットと言われているところもありますが、大勢の方が来る場所は、いろいろなエネルギーをもらいがちに。

占いの館なども、基本的には悩みを抱えている方が行く場所ですので対策が必要です。

持ち運べる対策法とは

外出することは事前に分かりますので、自宅で準備出来ることはしてから出かけましょう。

身に着けるものでおすすめなのは、

宝石、アクセサリー
お守り

です。

宝石、アクセサリーは、ダイヤモンド×金が圧倒的にパワーが強いです。
パワーストーンなどもありますが、悩み別に使い分けをするのがいいでしょう。

お守りに関して、オススメはご自身の産土神社のもの。もしくは、ご縁のある神社のものがよろしいかと思います。

持ち歩けるものとしておすすめなのは、

梅干し(私は「梅干し純」を持ち歩いています)

です。

具合が悪くなった時に口に入れると効果的です。満員電車などに乗られる際は事前に食べていくといいかも知れません。
これも塩の浄化パワーを応用した使い方です。

梅干しはクエン酸も摂取できるので、疲労対策にもぴったり。
夏場は塩でミネラル補給も出来ます。

外出は無理しないこと

極端に感度の高いアンテナをもつエンパス体質は、外出時も何かと見えない情報をキャッチしがちになります。
常にレーダーが作動していて、緊張状態にあるので、とっても疲れてしまいます。

そのため、私の場合は、外出する日と休息日をしっかりと決め、メリハリをつけて行動するようにしています。

月曜から金曜までお勤めということであれば、

・夜は早目にかえる
・満員電車は避ける
・睡眠をしっかりととる
・塩風呂に必ず入る
・瞑想する

などして対策されるといいでしょう。

アンテナの感度のオン・オフが出来るようになるととても暮らしやすくなります。

皆様も自分に合った対策法をぜひ見つけてください。

究極の対策は、女優戦法

お仕事などどうしても行かなくてはならない場所がある場合、私がやっているのは

女優戦法!

心理学的に言うと、ペルソナをかぶると言うようです。

ペルソナ=仮面

外に出る時は仮面をかぶって出かけましょう、ということです。

つまりは、外向きの自分を演じましょうとういことです。

ペルソナとは、ラテン語の「仮面」を意味するもので、社会に適応
する為に身に付けた表面的なパーソナリティのこととされています。

私もよくエンパス体質に見えないと言われますが、それは外向きのペルソナがあるから、です。

ただ、ペルソナもやっぱり長時間は難しいので、無理は禁物、です。

ペルソナを使えるならば使い、なるべくオーラや保護膜の損傷を少なくするというのも1つの方法です。

Sponsords Link