エンパス&HSP資質を育児に取り入れよう!


エンパス体質やHSPは育児にこそ使うべき

現在、生まれて間もない双子の男の子を育ています。

生まれた当初は、二人同時に泣かれるとオロオロ・・・

食事の時間、睡眠の時間もほぼない生活が続き、疲れはててしまいました。

そんな時に気が付いたことが2つ

その1

赤ちゃんに、大人のスケジュールに合わせてもらうこと

その2

赤ちゃんのしぐさや鳴き声などから、エンパス体質・HSPの資質を使い、その欲求を素早く読み取ること

です。

その1は、ジーナ式とも呼ばれ、双子ママの神的存在なのですが、こちらも1か月ただずに双子がスケジュールに慣れてくれました。

そのため、食事の時間と夜に時間が取れるようになりました。

その2は、エンパス体質やHSPの資質を上手に活用するということなのですが、

赤ちゃんが泣く理由

赤ちゃんが泣くことの理由として基本的には

おむつ
眠い(眠たいのに寝れない)
おなかすいた
かまって欲しい

のどれかが90%は占めるため、その表情としぐさ、声さえわかれば容易に判別ができます。

特に、エンパス&HSPの方は最も得意とする分野です!

普段は人の顔色を読みすぎてしまうなどで自己犠牲的、ストレスを抱えやすいですが育児に使うとなんと快適なこと!

一生付き合うエンパス&HSP資質。

うまく活用していきたいですね。