怒りのコントロール術

エンパス体質・HSPのための怒りのコントロール術

Sponsords Link


エンパス体質・HSPはなぜ怒りのコントロールが苦手なのか

エンパス体質・HSPは、感情を共感しやすく、相手の感情を自分の感情のように共感してしまうところがあり、「怒り」をコントロールや表現をするのが苦手です。

エンパス体質研究の第一人者であるアメリカのJudith Orloff博士は下記のように怒りのコントロール法を述べています。

怒りのコントロール処理法

・何に怒りを感じているのか?を見抜こう

・最大48時間以内に解決しよう(泣く、話を聞いてもらうなど)

・48時間以降は怒りを手放す

・怒りの根本原因の相手に怒りを伝えられる場合は伝えよう

いかがでしょうか? 

特に48時間以内がポイントになっていて、博士曰く、48時間は相手と距離を置き、一人で怒りと向き合うか、友人や家族と向き合い、自分の怒りを聞いてもらうことをするといいと言っています。

すると、ネガティブエネルギーが静まり、癒しのエネルギーに変わっていきます。

特に、チャクラの感情エネルギーセンターに怒りを溜めないのがポイントになります。

太陽神経叢・第三チャクラのところになるのですが、潜在意識ともつながる部分です。

場所的にいうと、お腹のみぞおちのあたりとも言えます。

深呼吸するだけでも違います。

怒りをそのままにしておくと、ストレスとなり、さまざまなところに影響が出ます。

春は怒りを司る「肝」(肝臓)の季節。

これから「肝」が活発に動くので更に怒りのコントロールが大切になってきます。

あまり内側に溜めないようにしていきましょう。

◆ご質問は、メルマガ内で受付しております。よろしければご登録下さいませ。(毎朝8時配信!)

エンパス体質メルマガ

Sponsords Link